北見のクルマ探し決定版!!「カーきた」

powered by Goo-net

中古車購入ガイド 中古車購入基礎知識

自動車購入に関するお金あれこれ

諸費用

車庫証明
クルマを駐車する証明するのが車庫証明書。手続きは所轄の警察署に申請すればだれでも取得可能。販売店に代行してもらうと、申請代以外にも代行手数料がかかるので、自分ですれば節約になります。
登録代行
販売店に陸運局でのクルマの名義変更を代わりにしてもらう場合に発生する印紙代などの法定費用とその代行費用。陸運局までの交通費や代行する人件費が実費で計上されるが、高すぎる場合は要チェック。
下取車諸手続
下取車があった場合に、もとのオーナーから販売店に変更するための手続きに必要な諸費用のこと。場合によっては解体処理する費用も含むことも。名義変更だけなら請求されない場合も多い。
納車費用
購入したクルマを、ユーザーの指定した場所(主に自宅など)まで搬送してもらう費用。もちろん、いうまでもなく自分で引き取りに行けば、費用は発生しません。

公正証書

作成費用
かなり高額のクルマを購入する場合に、ローン及びクレジット会社が公正証書(クルマの支払いができなくなったときに差し押さえするために必要な書類)を作成する場合に必要な費用。
点検・整備代
中古車の場合、整備内容が異なるので要注意。納車前に販売整備をするためにかかる費用。定期点検にあたる費用なのか、販売店の判断による整備の費用なのか、確認する必要あり。

消費税等

消費税
説明は不要だと思うが税率は5%、車両本体価格などに応じて決まる。クルマ購入時の消費税は車両本体価格のみだけでなく、取得税や重量税などを除き、オプション品や整備費用や登録代行手数料など販売店の収入になる費用は課税対象となる。

下取車

下取価格
クルマを購入する販売店で、それまでの愛車を引き取ってもらうことを下取りといいます。その場合にクルマを査定して算出される愛車の値段のこと。

販売価格

車両本体価格
クルマの価格(消費税込み)が表示される。実際の購入時には、このページで紹介しているような諸費用や税金(除く消費税)などが必要になります。現金で一括払いでもこの価格で購入できるわけではありません。

税金&保険料

自動車税
排気量に応じて税率が変わる都道府県税で、クルマの所有者を変更するときは新しい所有者が登録の翌日分から翌年3月までの納税をしなければならない。登録月の分は支払う必要はありません。月割の返金はありません。
自動車税取得税
クルマの車両重量に対して課税される。下記表のように500kg刻みで課税額が変わる。ちなみに新車登録時や車検時に車検期間分を前払いする税金なので、車検残がある中古車は払う必要はありません。
自賠責保険
法律で定められた強制保険で被害者の対人賠償のみの保険なので、十分な賠償内容とはいえない。自賠責保険は継続して乗る場合、1ヶ月分余分に支払うことになっています。
自動車任意保険
販売店にクルマ購入とあわせて任意保険の加入もしてもらうときに記入される欄。保証内容について必要なものがついているかを必ず確認して下さい。

トップページへ戻る

COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.